読書感想文

 

池袋に出かけたついでに、三省堂を初めて覗きに行ってきた。法務系は今の問題意識にピンとくるものがなかったので、夫の欲しい本を探しにコンピュータ系の本棚に。そこで推薦された2冊がなかなか面白かったので、一気読み。読み終わった報告をしたらブログを書けと煽られたのでざっと感想を。

 

 

ライト、ついてますか―問題発見の人間学 | ドナルド・C・ゴース, G.M.ワインバーグ, 木村 泉 |本 | 通販 | Amazon

夫に、ぜひ読めと言われた1冊目。

古い名著のようで、部分的に知っていたエピソードもあったが、なかなか問いかけが深いというか煙に巻かれるようというか。

色々な事例を交えながら、繰り返し同じことを言葉を変えて問いかけられているのだと思う。サクサク読めるが、2回通読して、まだ半分強わかった気がするレベル。印象に残ったポイントは以下の通り。

 

- 問題を解きたいというプレッシャーに負けてはいけない。

- 誰の問題なのか

- 問題の定義が正しいかどうか、常に疑い続ける

- 問題を解決したことで副次的に問題が起きる
 (問題の解決によって、当然すぎて気がつかなかった何かを変えてしまう可能性)

- 実は問題を解決することを誰も望んでいない可能性

 

与えられた「問題」を自分の解法で解こうとしてしまう自分の癖に気付かされた点。「問題を放置」することが解法の1つである、という点が特に印象深かった。コンプライアンスが現場にとって「カンマの用法に関するメモ」(対応しているように見せかけて実際には無視する方法を示されている例)と同じ扱いを受けないように問題の設定や見せ方を考えないといけない、とも思った。

 

アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント | 平鍋 健児, 野中 郁次郎 |本 | 通販 | Amazon

スクラムに関する本は夫に借りて読んだことがあったのだけど、アジャイルとそのプラクティスの関係とかいまいち把握していなかったので、まぁ読んでみるか、と購入を決めた1冊。最初の目的は1部で達成されたけど、2部(導入企業の経験談)と3部(野中先生の論文における元祖「スクラム」とソフトウェア開発手法における「アジャイルスクラム」の関連)が想像以上に面白かった。

 

1冊目もそうだったが、私の過去関わり特に成果も残らなかった「業務改善」がなぜ失敗したのか、その答えが載っている気がした。(情熱もなかったし、対話も圧倒的に不足していた。問題の定義も「解決」による影響もあまり注意深く検討されていなかった。)

印象に残ったのは主に3部。下手に感想を書くと読みが浅いと言われそうだが、備忘的に。

 

- TDDXPのプラクティスの1つ (私にとってグリーンバンドは独立した1カテゴリだったのでびっくりした。)

- 形式知暗黙知のサイクル

- 実践知の共有、身体で学んで身体で伝える

- 共感の重要性。顧客は分析の対象ではない。体験を共有する。共感する。

- 「見える化」とは感覚的に現状を把握できる状態にあること

- PDCAPの前には、情熱をスローガン化してメンバーと共有する、共振させるフェーズがあるべき

 

個人的には、「日本の新製品開発現場の特徴をまとめた元祖スクラムには組織論といった視点での特徴が挙げられている。他方、それを参考に構成されたアメリカ発のアジャイルスクラムはプロジェクト単位で考えられているために組織に横展開する、組織の共有知や実践知として蓄積していく、といった適用対象を広範囲に広げていくという方向への知見が蓄積していない」という点が興味深かった。「強い組織になるには」という問題提起は比較的自分の周りではよく見かける問いだったので、他国には組織に知識や経験を蓄積しようという視点がない、という指摘に驚いた。また、日本の組織はもともと持続的な発展に長けているという視点に勇気付けられた。(暗いニュースに明日は我が身か、と思わずにいられない世の中でもあるけれども。)解決法が「合宿しなさい」というのは、すごくよくわかるが、まずその実行に難儀しそうだな、と自組織の構成員に思いを馳せつつ。。。。

 

コンプライアンス担当として、プログラマの製品開発にあたるようなプロジェクトはいくつか存在していて、これをスクラムの枠組みで回してみるのは面白そうだな、と思った。ただ、この場合プロダクトオーナーとスクラムマスターを誰がやるのが良いのだろう、とか、スプリントバックログをどう切り出すのが良いのだろう、とか、具体化にはちょっと考慮要素あるし、上長に提案しにいくのには、まだちょっとかかりそう。

 

さて、なんとか書き上げたし、お迎えに行って、子供とマリオカートしよう。

 

 

たまには夫を褒めてみる

本エントリーは、妻・夫を愛しているITエンジニアAdvent Calendar 2016【その2】妻・夫を愛しているITエンジニアAdvent Calendar 2016に触発されて書いています。夫の記事を読んでちょっと懐かしくなったのもあります。

poohsunny.hatenablog.com

なお、ITエンジニアではないのでAdvent Calendarへの登録は自粛しました。

なれそめ

ゼミの同期です。私は学部卒で夫は院卒なのですが、私も就活失敗に備えて大学院の願書を出していたので、ご飯に誘われるようになったのがきっかけという認識です。願書を出すようアドバイスしてくださった某先生、ありがとうございました。

夫のいいところ

のろけ方がわからないので、私の思う夫のいいところを彼の口癖とともに書き連ねてみます。

引き出しをたくさん持っていること。

ITのこと、プログラミングのこと、ニュースの背景、仏教の教え、ガンダムウルトラマン仮面ライダースーパー戦隊夏目漱石B’zの良さ、その他諸々、いろいろ語ってくれます。知らなかったらググって教えてくれますが、この前とうとう、北方領土問題について問い詰めすぎて「自分でWiki読んで。要約するのめんどい。」と言われてしまいました。(その節は、朝の忙しい時間にすみませんでした。)

夫「学校でやったよね?」

調整能力の高さ

付き合い始めたのが大学最後の春休みで、既に卒業旅行だのなんだの私の予定が詰まっていました。デート無理かなって日も、私のやることリストを投げると、この順番でやればここの時間に会える、みたいなスケジュールを組んでくれたので、びっくりしました。 今も、打合せ等の予定を調整して、子どもの通院やお迎えを担当してくれるので、(同僚の皆様にも)、感謝しています。

夫「子ども大事ですから」

問題解決思考

こちらは軽い気持ちで愚痴を聞いてもらうつもりでも、会話のキャッチボールの二往復目くらいから対策会議が始まっています。(正直最初は辛かった。)私のどこが悪かったのかも分析してくれるので大変助かります。

夫「そこで〇〇ですよ!」(〇〇には相談内容に応じて、アジャイルスクラム、その他本のタイトルやフレームワーク等が入ります。)

励ましてくれるところ

あれやこれやと背中を押してくれますし、夫自身が楽しそうにしているのを見て勇気をもらうことが多いです。Advent Calendarも、夫のおかげでエントリーできました。勉強会に参加する勇気も夫からもらいました。

夫「やったらいいのに〜。なんでやらないの?」

明るいところ

夫に似て子どもたちも随分明るくおしゃべりに育っていますが、夫が帰宅すると家が華やぐ気がします。ただ、3人いっぺんに話しかけられるのには、まだ慣れなくて辛いです…。

夫「やばい!そろそろママが怒るぞ!気をつけろ!!」(←これのおかげで、一人で子どもを見ていてうっかり感情的に怒ってしまった時の子どもの立ち直りが早くて助かっています。)

子どもを理詰めで説得できるところ

おかげで、長男はずいぶん物わかりの良い子に育ちました。ただ、私は夫ほどいろいろな物事をわかりやすく説明できないので、時々困ってます。今日は、なぜこのポテトチップスを買ってはならないのかの話から、なぜ人間には塩が必要なのかにいきつきました。がんばりましたが、その後たどり着いた結論は「じゃぁ、ポテチをちぎればいいよね!」でした。なぜだ!

夫「『お母さん、その説明は非論理的です』って子どもに言わせたいんだよねー。」

最後に

たまにはほのぼのしたことを書きたかったのですが、難しいですね。 新婚当初は恐妻家ぶっていた夫も最近はあまりそういう振る舞いをしなくなり、落ち着いて来た感じはあります。 お互いに考え方がわかってきたから、日常のことに関する議論は随分短くすむようになった気がします。

職場ではなだめ役をやることが増え(当人比)、子どもにあたることはなるべく我慢し、結果たまったストレスを夫にぶつけてしまうこともありますが、その様子を観察しておもしろがれる夫で本当に良かったと思います。

いまだに愛とか憎とか良くわかりませんが、予測不可能性に惹かれたと言ってくれる希有な夫を楽しませるべく「予想外」を提供し続けたいと思います。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

コンプライアンスを楽しみたい!

本エントリは法務系Advent Calendar2016の13日目のエントリーです。 前日は、経文緯武さんのグループガバナンスについてでした。

今回、お題について「在宅勤務したい!」と「コンプライアンスを楽しみたい!」で迷っていたのですが、前者は先週末に少し議論になっていたので後者の話を書いてみようと思います。

なお、本記事は私の現時点での個人的見解です。これから実践していく中で意見が変わる可能性もなきにしもあらずです。

自己紹介

新卒で法務に配属されて以来、2度の産休育休をはさみ契約法務っぽい仕事をやらせてもらってきましたが、今年、弊社グループ全体に適用されるコンプライアンスプログラムを推進するチームに異動してきました。

弊社もコンプライアンスプログラムを制定し、定期的に見直して、とちゃんとやってはいるのですが、優等生企業の不祥事が〜と言われる昨今、各職場、各従業員の心に響く施策を打たないといけないね、なんて話をしています。

でも、これってけっこう難しい。

なぜコンプライアンスを楽しみたい?

まずは、性悪説でいろんな施策を立てるのはコンプライアンス担当者(私)が辛いから。

次に、あれダメこれダメだけでは、ビジネス部門の方に聞き流されてしまうリスクが上がるから。まぁ、これは受け売りですが。

BLJの連載をきっかけに、増田英次先生の著書「もうやめよう!その法令遵守」を読んだのですが、「今のコンプライアンスは推進している人もやらされてる人もみんなコンプライアンスが嫌いなのが問題なのだ。嫌々やっている人間の言葉なんか誰も聞きたくない。」というご意見がすごく刺さったのでこのエントリを書いています。

どうやって楽しむ?

まずは、ワクワクするメッセージを発信すること。少なくとも自分がわくわくできることは最低ラインにしたいです。もちろん独りよがりではダメだから、会社のDNA的なものも意識して。

どちらかというと理屈が得意の法務パーソンは、理詰めでコンプライアンスの大切さを説くことが多いのではないかと想像するのですが、人間、理屈がわかっただけではなかなか行動が変わらなくて感情に訴えかける必要があるそうです。これは、前述の本だけではなく、去年夫の勧めで読んだ本「スイッチ!-「変われない」を変える方法」にも書いてありました。(良い本だったので半ば無理矢理ご紹介)

感情に訴える方法としては、何らかの事故を起こした人に、なぜそのような事態が起こったのか、行為時から発覚時までの心情を語ってもらうといい素材になりそうな気がします。 でも、(特に結果が軽微な場合)「あぁ、それはやっちゃうよね〜。」という方向に引っ張られる可能性もあるし、共有してる方もされる方もなんだか暗い気持ちになってしまいます。そもそも、ぶっちゃけて話してもらうのがまず難しそうでもあります。 なので、やっぱり前向きに感情を揺さぶりたい。自分ならどうするかをない知恵しぼって考えましたが難しい。うーん、企業理念や中期目標に絡めて、お客様に喜んでもらうことや社会の役に立つことの大切さを説く中に、遵守させたい法令の目的(not具体的な遵守条項)を盛り込むというのはどうでしょうか。大きい会社だと、全社メッセージはある程度抽象的にならざるを得ず、結果心を揺さぶる難易度がかなり高く感じられるので、部署ごとにブレークダウンしたメッセージも必要と考えています。グループ会社も各社の業態や所在地域(国)によって重点施策が異なるはずで、どれだけきめ細やかに個別対応が出来るかという点は鍵になりそうです。(これらのために各社・各部トップ層の協力は必須と思います。)

次に、ある程度自分たちで考えてもらう仕組みにすること。

日々の業務に忙しい皆さんに、一々自分たちで考えてもらうのが本当に良いことなのか、機械的に判断できるような基準を設けて余計なストレスを減らした方がいいのではないか、という悩みもあるのですが、一律に「できません」と決めつけられることほどつまらないものはないだろうとも思うのです。 予め一律に決めるとなるとなるべく安全サイドに寄せた規律にせざるをえず、現場を知らない奴らがビジネスの邪魔をする、と嫌われるだけですめばよい方で、一々守っていられない、と無視される危険もあるかと思います。

かといってあまり抽象的な規定にすると、結局どうすりゃいいのよ?と問い詰められますよね。理想を言えばぜひ問い合わせてもらって個別に一緒に対応を検討していくうちに各現場に考え方のノウハウが溜まるといいなぁ、と思ったりします。

最後に、やはり日々のコミュニケーションを丁寧に行うことでしょうか。 ビジネス部門の方とお話しする機会自体めっきり減ってしまいましたが、社内の方に助かったとか相談して良かったと言っていただく喜びは忘れがたいので、今の職務でもお得意様を作るチャンスは逃さないようにしたいです。

最後に

増田先生は、そもそもコンプライアンス法令遵守という言葉を封印してしまえ、とおっしゃっていますが、そこまでビジネスの中にとけ込ませてしまうと対外的な説明が面倒になる側面もありそうなので、結局バランスだろう、と感じています。法令の中にも解釈に幅のあるものから、これやったら一発アウトっていうものまであり、やっぱり危ないものは危ないと警告する必要はあると思いますし。でも、そもそもその警告を受け取ってもらえなかったり聞き流されてしまったりしないように、少しでもコンプアライアンスを前向きなものに出来ないか、と考えているところです。 ということで、これから自分のアイディアを形にするまでに上司にボコボコにされる予定なので、皆様からはお手柔らかなフィードバックをいただけると喜びます。

ふにゃふにゃな記事を最後までお読みくださり、ありがとうございました。 明日は、Hirohito Nakadaさんの「応用美術の著作権法上の保護の行方(仮)」です!

LTの感想

一部箇条書きです。まずは、上げるのが大事!という割に遅い…

全体を通じて

  • 盛り上がりすごかった
  • 5分て意外と内容入る(初参加のため)
  • たしかに女性が少なかった
  • 会うと思ってなかった人に会えた、ラッキー
  • 一番後ろだったのでゆったり座れた反面、一部字が読めなかった。
  • 運営スムーズ(本当に開催ありがとうございました)

印象に残った発表

まず、twitter歴そこそこになるのに未だにキャラや方向性が定まらないので、川井先生の「企業法務系ブログを5年書き続けて」や経文緯武さんの「企業の中の法務関係者はSNSでどこまで身分を明かしてしまっていいのか」が気になってました。川井先生も、キャラ付けを意識していらっしゃるとの事で、うんうんと拝聴しておりました。速報性や意見表明等、難しいから価値が出る部分というのは、やはりすぐ真似するのは難しいわけですが、自分が読みたいのはそういうブログだな、とは思いました。経文緯武さんの方も、ご自身の基準を教えてくださり参考にしたいところです。単に恥ずかしいとかそういうことではないのですよね。私はもう一部界隈に身分を晒しているので、いっそう努めてポジティブな事を書いていかないといけないのかなぁ、とぼんやり思いました。

あと、はややさんの「GitHubを利用した法務業務のグランドデザイン」は、その後が気になります。今導入に向けて準備中とのことでしたが、どんなツールを使うにしてもツールが全てを解決するわけではなく運用時の決め事が必要だと思っていて、その辺をどう組んだのか伺う機会があればありがたい、と思いました。

その他、自分の職務に関係のあるものから馴染みのない分野まで、いろいろ心に響く発表だらけでしたが、網羅しようとするといつまでたっても記事をリリースできないので諦めます。

2次会

  • けっこうすぐ帰る人も多いのが意外だった。
  • 決めてた人にはご挨拶できたが、もう少し欲張ってもよかった(次回の課題ということで)
  • 世間は狭い

今後について

幹事の方々が挙げる課題が「ハードルが上がってしまった」になる位素晴らしい時間でした。次回があれば、ハードルを下げる側に回りたいと思います。

また、二次会で、ワーキングマザーの考えを男性が聞きたいと思っているという話を伺い、下に参考になる情報を渡すだけでなく、上に向けて自分なりの悩みを発信するイメージなら少しはできるかも、と思いました。

といっていきなり何かできるようになるものでもありませんが、まぁ一歩ずつ。

改めて、企画運営して下さったみなさま、ありがとうございました‼︎